散策スポット・北海道東北

散策スポット目次

HOME

前ページ

次ページ

小さな秋を見つけてみませんか(四ツ谷駅〜新大久保駅) その2 (H26.10.12)


国立競技場 解体工事中



日本青年館

「聖徳記念絵画館」から国立競技場の方向に戻り、交差点を横切って国立競技場に沿って進み、「霞ヶ丘」交差点を右方向に200mほど進むと「観音橋交差点」です。

交差点を横切って50mほど進み、そこから斜め左方向の細い坂道(観音坂)に沿って200mほど進むと正面が「鳩森八幡神社」です。



鳩森八幡神社


『江戸名所図会』によると大昔、此の地の林の中にはめでたいことが起こる前兆の瑞雲(ずいうん)がたびたび現れ、ある日青空より白雲が降りてきたので不思議に思った村人が林の中に入っていくと、突然白鳩が数多、西に向かって飛び去りました。

この霊瑞(れいずい)に依り 神様が宿る小さな祠を営み、鳩森『はとのもり』と名付けました。


鳩森八幡神社



変則五叉路を右方向へ

貞観2年(860年)、慈覚大師(円仁)が関東巡錫の途中、鳩森のご神体を求める村民の強い願いにより、八幡神社として創建しました。

御祭神は応神天皇、神功皇后です。

寛政元年(1789年)には千駄ヶ谷の富士塚が築造されています。

富士信仰の基づき、自然岩の登山道、クマザサ、山頂の奥宮など富士山を再現しています。


鳩森八幡神社から裏手に出て右折し、変則五叉路の鳩森八幡神社前の交差点を横切って100mほど進んだ「東京体育館前」の交差点を斜め左後方に200mほど進むと右手が東京体育館です。


東京体育館前交差点



東京体育館



千駄ヶ谷駅前



千駄ヶ谷駅前 前方が外苑橋交差点

東京体育館前の「千駄ヶ谷駅」交差点を右折し、200mほど進んだ「外苑橋」の交差点を左折して200mほど進むと左手に新宿御苑のバラ花壇が見えます。

しかしながらこちらからは入園できません。



四谷4丁目交差点



四谷区民センター


道なりに500mほど進むと「四谷4丁目」交差点です。

「四谷4丁目」交差点を左折し、100mほど進んだ「新宿1丁目」の交差点を左折して50mほど進むと、新宿御苑・大木戸門です。

デング熱の関連で新宿御苑は閉鎖されていましたので、今回は「新宿1丁目」交差点から新宿通に沿って進みました。

1Kmほど進んだ「新宿3丁目」の交差点を右折し、明治通りを300mほど進んだ左手が「花園神社」です。


新宿1丁目交差点 左折すると大木戸門



新宿通り



新宿3丁目交差点



明治通り 左は伊勢丹

「花園神社」は、新宿の総鎮守で、徳川家康が武蔵国に入った1590年以前に、大和吉野山より勧請されたと伝えられています。

花園神社は寛永年代(1624〜1644年)までは現在の場所よりも約250m南の伊勢丹デパート付近にありました。しかし、寛政年間に朝倉筑後守がその周辺に下屋敷を拝領したため、現在の場所を拝領することになりました。

その場所は、徳川御三家筆頭の尾張藩下屋敷の庭の一部で、沢山の花が咲き乱れていたとのことです。この美しい花園の跡に移転してきたので花園稲荷神社と呼ばれたのが、社名の由来とされています。



花園神社の酉の市は、明治時代に始まりました。酉の市は、大鳥神社の祭神である日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をし、帰還の時にお礼参りをしたことにちなみ、日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるようになりました。

商売繁盛の熊手を売る露店商のにぎやかな声は、師走を迎える街に欠かせない風物詩で、毎60万人もの人が訪れるとのことです。

境内にある芸能浅間神社には、芸能関係の奉納が多いことで有名です。

また、奉納された赤い鳥居が並ぶ威徳稲荷神社は縁結びのご利益があるとされ、女性の参拝者に人気です。



面白い形のビル群



稲荷鬼王神社



稲荷鬼王神社

花園神社から500mほど進んだ「新宿7丁目」の交差点を左折し、200mほど進んだ「鬼王神社前」の交差点を左折して30mほど進むと「稲荷鬼王神社」です。

「稲荷鬼王神社」は、鬼の王様の名前を持つ全国で唯一の神社です。

天保2年(1831年)、大久保村の稲荷神社と鬼王神社が合祀され、稲荷鬼王神社となりました。

強運厄除け、心願成就、病気平癒、商売繁盛の神社として、江戸時代から高名です。



稲荷鬼王神社


稲荷鬼王神社




妻家房 キムチ博物館


「稲荷鬼王神社」から「鬼王神社前」の交差点に戻り、交差点を横断して左折し50mほど進んだ路地を右手に入ると、「妻家房 キムチ博物館」です。

「妻家房 キムチ博物館」は、韓国料理レストラン及び韓国惣菜販売店である「妻家房」の大久保店1階に設けられた博物館です。

キムチやキムチ作りの工程を紹介するパネルや模型などが展示され、キムチの歴史や由来を始め、キムチに関するあらゆることを学ぶことができます。

キムチ作りを体験できる、キムチ教室も定期的に開催されています。


妻家房 キムチ博物館




「妻家房 キムチ博物館」から元の広い道路に戻り、右折して100mほど進むと右手が「ドン・キホーテ」です。

「ドン・キホーテ」の先を右折すると、韓国の商品を販売している路地となります。

細い路地の両側にいろいろなお店が並んでおり、休日は大変な賑わいを見せるようです。




細い路地を300mほど進むと丁字路で、左右の通りが大久保通りです。

この大久保通りにも韓国関連の商品を販売する店や韓国料理のレストランが並んでいます。

韓流ブームの時代には、大変な賑わいを見せていたようですが、その賑わいも一段落しているようです。

丁字路を左折して300mほど進むとJR新大久保駅(ゴール)です。




 
小さな秋を見つけて見ませんか その1へ



            風来坊



目次  TOP  HOME